他者に支えられ困難を乗り越えてきた経験は“生涯の財産”となります。

幸せな人生を送るためには、

少しの“勇気”と心というコップに溢れんばかりの“感謝”が必要です。

他者のニーズに応じて支えることを“支援”といいます。

すべてが福祉の中で学べることです。

メディアでは福祉の現場での残念なニュースが後を絶ちません。

しかしながら、

圧倒的に多くの職員は、

福祉をご利用される方々が安心に包まれ満面の笑顔になるために懸命に努力しています。]

幸せとは、

私たちとの関係の中で福祉をご利用される方々が、

ポジティブな感情を長く持って頂くことともいえます。

それが私達の誇りで、価値で、存在証明です。

福祉とは幸せを意味する言葉です。

人だけが、

時間を操作し最高の未来をイメージする力をもっています。

「人は最初から憎しみを持って生れてきたわけではないのです。憎しみは学習したものなのです。ですから、その逆(幸せにすること)もできるのです」ネルソン・マンデラ