「与えるのは自分のため」

エネルギーを与えようとすると自身のエネルギーが増すというフォワードの法則があります。

通常は認知脳により外界、

すなわち他者に依存した生き方を私たちはしているため、

もらうことばかりを優先し、

ほしいほしい、

くれないくれないとノンフロー状態を自ら作り出しているのです。

一方、

ライフスキルは与えることの価値を大事にしています。

与えるから返ってくるとか、

見返りがあるから与えるのではなく、

与えることそのものが自分自身のためになるからなのです。

したがって、

フローな人は自ら与える思考で生きているのです。

与える思考の3原則はリスペクト思考、

チア思考、

そしてアプリシエイト思考です。

思いやろうと考え、

頑張れと考え、

ありがたいと考えているのは自らの心にエネルギーを生み出す魔法の思考なのです。

自分を大事にしている人は間違いなくこの思考習慣を有し、

成果・成功を自ら導く自分づくりをしているのです。

 

「言葉の力」

口に入れる食物で体ができるように、

耳に入れる言葉で心ができる!

自分を創るのは言葉、

意識も言葉。

耳に入れる言葉は自分の発する言葉。

自分の言葉を大事にしましょう。

言葉には力があります。

言葉は自分自身でもあります。

私がもっとも影響を受けたフロー理論の真髄です!