『福祉』とは、揺るがない安心があるということ。

ゆるがない安心があるとき人は『幸せ』を感じます。

ゆるやかな中でしか人は育ちません。

福祉人とは安心の提供者です。

『こころ』を抱きしめるという支援が必要です。

コミュニケーションとは伝えたことではなく、伝わったことが全てです。

人は人に『支えられている』と感ずるだけで癒されます。

『生きやすく』なるように支援をすることを福祉の世界ではエンパワーメントと言います。

人の人生にお役に立てていると思えるとき自分も癒されています。

どんなに障害が重くとも『こころ』がそこにあるように支援にあたらなければならない。

『私は生きていていいのだ!生きる価値のある存在なのだと』利用者の方たちが思えるように支援をしなければならない。

どんなに障害が重くとも『こころ』がそこにあるように支援にあたらなければならない。

『私は生きていていいのだ!生きる価値のある存在なのだと』利用者の方たちが思えるように支援をしなければならない。

人はだれでも傷やコンプレックスを持っている存在です。それが癒されるのは、他者から『かけがえのない存在』というメッセージをもらったときです。

人は人でしか変わらない。

見えているものではなく背景にあるつらさや悲しさに『こころに添う』支援をしなくてはなりません。

『見守り』とは『精神的な保護』です。

困ったことをする人は、本人が一番困っている人です。

困ったことをする人は、様々な手を使って『人とのつながり』を探しています。それが『生命線』だからです!

『助けられ方を学ぶ支援』それが大事です。

全ての行為には意味があります。『生きにくさ』への支援とはそのメカニズムを知るところから始まります。

『こころのキャッチボール』はしっかりと受けることから始まります。