身近な人が亡くなると、残された時間をどのように生きたらいいのか!という不安に駆られます。

容姿や体力は確実に衰えてきます。平均寿命が80歳としても健康でいられる時間は70歳なのです。

したいことば、

「数年のうちにしておかなければならない」

「時間がない!」

そんなふうに考えが脳裏をよぎります。

昨年の10月からは左肩にケガをしてしまい不自由な暮らしをしています。

身体が思うように動かないということがこんなにもメンタルに影響を与えるとは思いもしませんでした。

「今を健康に生きられない」時、

まだ、

起こってもいない未来をネガティブなストーリーを描き見事にそれを演じようとしてしまいます。

日本では「生老病死」そして「無常」という言葉で「今を」身体もメンタルもいい状態で生きることを教えています。

先日見たアメリカの映画では、「愛・時間・死」ということがテーマになっていました。

死までの時間は常あらずですから90まで生きるかもしれません。

わからないことで悩んでいることは意味がないこと、

老いていく過程は愛する対象も失っていくのですが、

自らの心の中の愛が弱くなっていっているのであって外界は変わらない、

愛する対象は満ち溢れていること。

人とは死ぬまで自らの存在を証明したいもの、

他者を通してしか自らを意識できない存在、

だから利他性が大切、

だから福祉は最高の仕事です。

チャレンジしているから自分が感じられるもの、

しなくなると達成感も感じられなくなる。

「生」を大切にしましょう!

小さな信号を繋ぎ合わせて

「本当の想い」

を受け止めましょう。

私たちの仕事は、「Make a wish」なのですから!