町田福祉園では、「かかわりプランニングシート」というABC分析(応用行動分析)にもとづくツールを使っている。

これは一般的に「ストラテジーシート」といわれているもので、

行動障害に対して、

・Antecedents (先行条件) 「どんなときに」

・Behavior (行動) 「どんな(適切・問題)行動が起き」

・Consequences (結果事象) 「その結果どうなったか」

ということ考えやすくするためのツールである。

職員が障害特性の共有をしやすくするために有効である。

同様に、

強度行動障害支援者研修で使われている「氷山モデル」も、

表層で見える行動障害の背景にある因子(障害特性と心理面)を強みに変え(リフレーム)、

分かりやすい情報提供である構造化にしていくという流れである。

意思決定支援の議論のなかで使われた「間主観性」ということも、

赤ちゃんに対して、「あやす→微笑む」 という行動面での視点から、

「あやす→うれしい→微笑む→かわいい」という情動面の大切さを解いている。

アンガーマネジメントでは、「怒り」という現象は二次感情であり、

その背景にある、

「つらい・かなしい・さみしい等」の一次感情を理解をしていかなければ「怒り」は収まらないといわれている。

つまりは、

行動の背景となるトリガーの理解から、その人の情動への理解をしていく、というように進んで来ていている。

みずき福祉会の大切にしてきたのは、

「表面で見えていることではなく、背景にあるつらさや悲しさなどに『心を添う』支援」

ということを法人創設以来大切にしてきた。

そのことが、

いま障害者福祉では、

虐待とは縁遠い、

「しあわせや豊かさを感じていただけるようにかかわる」

ということが、

対人援助技術では主流になってきている。

子供に対する心理学では、当たり前のことである、

「その子が世界をどう体験しつつ生きているかという“眼差し”が大切!」

という視点をさらに研究し発信していくというミッションがみずき福祉会にはある。