ドラッカーが言う“ナレッジワーカー(知識労働者)”とは、

「自ら考え、自ら決め、自ら行動する人」

という意味で、

このことと対極にあるのが“マニュアルワーカー、すなわち、指示、命令に従い、マニュアルどおり働く、動く人である。
みずき福祉会は、

これまで、

職員がいかにして自ら考え、

自ら決め、

自ら行動して自分の成長を果たしていくか、

という自立型人材を目指してきた。

そして、

ご利用者との良好で良質な“かかわり”が仕事の中心にあるのが福祉の仕事の醍醐味である。

福祉のみならず、

他の業種でも同様だが、

人を確保できないことが常態化している中では当然のことながら現場をこなすことが最優先になってしまう、

大切なことだからである。

しかしながら、

ビジョナリーな仕事である福祉の現場では、“かかわり”が乱暴になっていくことが危惧される。

法人がこれまで培ってきた“ご利用者の想いを大切にする援助技術”や、

高い人権意識などの伝承“あり方”が気が付かない中で脆弱になってはいないか、

常に点検していかなければならない。

この時代だから、

このような社会情勢だから、

このような近未来が想定されるから、

私たち福祉に携わる者の品格や誇り、

仕事に対する倫理性、

そして、さらにそのことを醸成していくために、

社会福祉に従事していく者としてのあり方や、

法人の理念の浸透が求められている“時代”なのだと思う。

法人のあり方や実践力が法人のアドバンテージになっている。

これらは、

一定の評価を受けており、

そのことが人を集めることの一因なっていることを意識すべきである。

圧倒的にニーズが高く、

供給が少なくなる時代、

福祉が問われているのである。